AJNR-case of the week2008/09/28 19:02:04

AJNRのhome page--http://www.ajnr.org/
でcase of the weekが1年くらい続いている。これをきのう全部一気にみた。amyloid angiopathyは一目でわかったし、Lhermitte-Duclosも一発。NMOはつい最近勉強したところなのでよくわかりました。耳鼻科のところには閉口しましたが、Journal home page のワンポイントレッスン、あまり興味ない部分まで見ることができ、有用です。

脳MRによる無症候性病変2007/11/08 08:25:54

NEJM ,Volume 357:1821-1828 (November 1, 2007 ) Number 18

Incidental Findings on Brain MRI in the General Population
Meike W. Vernooij, M.D., M. Arfan Ikram, M.D., Hervé L. Tanghe, M.D., Arnaud J.P.E. Vincent, M.D., Albert Hofman, M.D., Gabriel P. Krestin, M.D., Wiro J. Niessen, Ph.D., Monique M.B. Breteler, M.D., and Aad van der Lugt, M.D.

2000例のロッテルダム研究の住民に脳MRをしたら、無症候性脳梗塞145(7.2%), 脳動脈瘤1.8%, 脳良性腫瘍1.6%に認め、白質病変の容積をml単位で計測したというわかりやすい内容です。T2* gradient echoもとっているようですが、補足データのなかに出血病変についてはかいていません。英国人には少ないのでしょうか?だれもが日常みているはずの白質病変の量ってこんな表になるものなのでしょうかね。この種の検討はpopulationの選択の仕方で大きく値が異るはずです。脳ドックはやりの日本に客観的なこういった検討がない(少ない)のは残念です。

Limited MRI of the brain as an alternative to CT2006/08/04 06:41:36

The Lancet 2006; 368:365-366

DOI:10.1016/S0140-6736(06)69106-X Limited MRI of the brain as an alternative to CT

Manohar Aribandi

MRよりCTの方を行うことが多いが、limited MR、T1,T2, diffusionの方がcostを考えてもいい場合がある。副作用もあるので。

The Lancet 2006; 367:1712-1714

DOI:10.1016/S0140-6736(06)68748-5 Health effects of ionising radiation from diagnostic CT

Diego R Martin

===CT radiationのrisk 腹部と骨盤では、 MRとエコーで代用できる

Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009