Autism-今自閉症がおもしろい!!2008/11/09 19:04:32

自閉症に関する3つのエッセイを読みました。まだ全部を理解したわけではありませんが、精神科領域で関係ないという読む前の認識は完全にあらためないといけないことがわかりました。

Daniel H. Geschwind,Autism: Many Genes, Common Pathways? Cell, 135, 391-395, 31 2008

Christopher A. Walsh,,Eric M. Morrow andJohn L.R. Rubenstein : Autism and Brain Development. Cell, 135: 396-400, 2008

Raymond J. Kelleher ,andMark F. Bear,The Autistic Neuron: Troubled Translation? Cell, 135, 401-406, 2008

同じ時期にNatureのInsight; Neuropsychiatric diseaseが同じ問題を扱っています。精神病がこれほど1つの遺伝子異常に起因して発生するものとは、昔の常識からは考えられません。病理学的異常は変性疾患とことなり、基本的にはないようですが、成長期に特定の場所が大きいようです。いろいろな学習中の疾患と関係があります。学習、記憶とも大きく関係あります。savant症候群にAsperger症候群です!!!目を細くして文献を読んでいると気が狂ったかのようですが、こんなおもしろいテーマはしばらくぶりです。

Parkinson病22008/05/21 11:54:55

Connie Marras, MD, PhD and Anthony Lang, MD
NEUROLOGY 2008;70:1996-2003
Special Article
Invited Article: Changing concepts in Parkinson disease
Moving beyond the Decade of the Brain

2号続けてParkinsonの特集。
Abstract
Recent years have seen major changes in our understanding of Parkinson disease (PD), challenging conventional wisdom, much of which was established during the Decade of the Brain. In this article, we highlight important changes in our understanding of PD in six general categories: definition, etiology, pathology, pathogenesis, clinical features, and therapeutics.

今回順番がParkinsonの番になって学習しているだけですが、教科書を完全にかきかえないといけない状況になっています。特にParkinsonになっていない段階のParkinsonがいるというのは驚きです。完成したParkinsonを多くみる機会がありますが、ただ消耗しているわけではないのですね。

パーキンソン病2008/05/18 18:27:06

Heiko Braak, MD and Kelly Del Tredici, MD, PhD
NEUROLOGY 2008;70:1916-1925
Special Articles
Invited Article: Nervous system pathology in sporadic Parkinson disease

Parkinson病で、Braak仮説というのがきわめてhotな話題になっています。これはそのBraak自身によるreview最新版。必読。医学のあゆみの
225巻5号
ここまでわかったパーキンソン病研究
5月第1土曜特集
も購入して参考にしていますが、驚きの記述の山。Acta Neuropathologicaの最新のParkinson特集号をラッキーにもonline版を全部downしてありますが、これがこのBraak仮説の検討でした。全部を熟読するのは時間がかかりそうです。ALSといい、Parkinsonといい、遺伝子でなく病理学から病気の本態へアプローチできるのはすばらしいことです。シヌクレイノパチーsynucleinopathyとよく聞く名前について興味を持って学習していればわかる問題でした。

パーキンソン病も昔習った教科書的記述とはずいぶん違った病気のようです。脳外科のパーキンソンの症状をとる手術、治療がありますが、それはその場限りで病気の進行とは何の関係もない。これも全身病だ。

Minocycline treatment in acute stroke2007/10/06 13:21:30

Minocycline treatment in acute stroke
An open-label, evaluator-blinded study
Y. Lampl, MD, M. Boaz, PhD, R. Gilad, MD, M. Lorberboym, MD, R. Dabby, MD, A. Rapoport, MD, M. Anca-Hershkowitz, MD and M. Sadeh, MD
Neurology 69:1404-1410,2007

ミノマイシン200mg/dayを脳梗塞急性期に経口で5日間投与するとNIH stroke scaleとBarthel indexが改善するとのこと。double blindでないが、77例の検討です。この薬いろいろおもしろい効果があります。

he proposed mechanisms of minocycline include its anti-inflammatory effect, reduction of microglial activation,matrix metalloproteinase reduction, nitric oxide production, and inhibition of apoptotic cell death. A protective effect of minocycline has been demonstrated in spinal cord culture against N-methyl-d-aspartate excitotoxicity. Additionally, minocycline has a significant effect on the apoptotic cell death pathway, including prevention of activated caspase formation. In neonatal stroke, minocycline treatment was found to provide early, but transient protection independent of the mitogen-activated protein kinase p38 pathway.

ALSなど変性疾患にも関係しますが、ミノマイシンを長くのますわけにはいきません。脳梗塞では、軽い炎症のある例に使ってみると有効かもしれません。
Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009