今、FTLDとALSがおもしろい2009/11/28 21:30:47


これは、最新のALSの既知の遺伝子の表です。どんどん書き換えられて、2006年からずっと熱くなっています。TDP-43をこえて、FUS/TLSという新発見が2009年をにぎわし、RNA代謝がこのALSの変性に重要な役割をもつことが知られるようになった。(Philip Van damme et al .Curr Opin Neurol 22:486-492,2009)

ALS-FTDの遺伝子もこの表によれば3つまで知られ、遺伝子の確定が望まれる。両者を結びつけるものは何かということですが。

2009年11月号のBrain and Nerveは前頭側頭葉変性症の特集です。2年前のALS特集号からの進歩が記されています。その内容より、最新の話がその編集後記にみられます。<今、FTLDとALSが面白い>とその出だしに書いてありました。まさに本当です。本文の記事より先をいく論文がどんどんでているようです。FTLDの亜型に位置するNIFIDなどでFUS陽性となる疾患群が発見され、FTLD-TDP43の他にFTLD-FUSの存在が示された(Manuela Neumann et al. A new subtype of frontotemporal lobar degeneration with FUS pathology. Brain 132:2922-2931,2009)。

まさにFTLDとALSの病因解明にまったく新しい概念、物質が登場。この先いったいどうなっていくのでしょうか!

田舎で暮らしていたって、最新文献はネットですぐに手にはいりますので、あとはほんとにやる気の問題ですね。




Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009