NEJMの脳腫瘍のcase report2009/09/19 16:31:49

NEJM361:1173-1178, 2009

Treatment of Medulloblastoma with Hedgehog Pathway Inhibitor GDC-0449
Charles M. Rudin et al

全身転移のある髄芽腫の患者にHedgehog pathway inhibitor GDC-0449 を投与したところ一時的では有るが著明な縮小効果があったことが、同じ薬が基底細胞癌に有効であったことともに報告されている。髄芽腫においては、Heghehogシグナルの関与がすでにしられ、詳細は

Hedgehog シグナルを標的とした癌治療法の可能性 福岡医誌99:102-106,2008
(https://qir.kyushu-u.ac.jp/dspace/handle/2324/11871 )
に詳しい。

今後の症例の集積が期待される。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amagasa.asablo.jp/blog/2009/09/19/4588045/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009