Beyond TDP-432009/03/28 13:23:35

NatureとCellに重要な解説記事がのってます。


Kristel Sleegers & Christine Van Broeckhoven
Nature 458, 415-417 (26 March 2009) | doi:10.1038/458415a; Published online 25 March 2009
Motor-neuron disease: Rogue gene in the family

Clotilde Lagier-Tourenne andDon W. Cleveland
Cell, Volume 136, Issue 6, 1001-1004, 20 March 2009
Rethinking ALS: The FUS about TDP-43

いずれも2月にScienceにでたALSの新たな原因遺伝子の発見をふまえてのものです。第16染色体のsarcoma/translated in liposarcoma(FUS/TLS) geneというきいたことない遺伝子ですが、この遺伝子は、TDP-43と同じくDNA/RNA binding proteinで核蛋白代謝というまったく基本的知識のない機能に関係する物質である。これから類推すると、ALSの病因には、核RNA代謝の異常が考えられ、他の既知の遺伝子たとえばELP3など検索の必要があるとのこと。ここからまた無数の研究がでてきそうだ。傍観者としても眼がはなせません。

臨床では、核蛋白代謝なんて無縁であったが、RNAに関する基本を学習する必要がでてきた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amagasa.asablo.jp/blog/2009/03/28/4210225/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009