TDP-43その後2009/01/07 20:35:35

ALSに見られるユビキチン封入体の含まれるTDP-43に関係する蛋白としてperipherinとubiquilin 1がある。この構造物の内容構成は依然謎である。TDP-43はいろいろな変性疾患で、陽性所見が得られて、それが原因ではないという意見もある。SOD1のALSにはなく、孤発性で陽性なためspecificと思われていたが、最新の大阪大学の論文ではSOD1のALDでも出現することを報告していて,TDP-43は反応性にでてきて、むしろ神経細胞にprotectiveなものではないかといっている。

Sumi H et al: Nuclear TAR DNA binding protein 43 expression in spinal cord neurons correlates with the clinical course in amyotrophic lateral sclerosis. J Neuropathol Exp Neurol, 68:37-47,2009

FTLD-ALSの原因遺伝子は9pにあることが知られているが、確定された遺伝子はまだなく、その領域にある100位の遺伝子が検討されているらしい。その領域にある蛋白としてIFT74, ubiquilin1などがあるが、まず疾患特異的な蛋白を突き止めることが重要であるが依然謎であるようだ。しかしFTLD-ALSといえない普通の孤発性ALSでも、最終的にFTLDになる症例がいると思われるので、本当に両者の関係は深そうだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amagasa.asablo.jp/blog/2009/01/07/4046374/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009