突然死とその予防2008/08/12 12:47:18

60代の男性。某医で高血圧で服薬。不整脈の既往歴あるも特に治療はしていない。少し太り気味。某病院の人間ドックを2回うけて、特に異常なく、脈波検査でCAVIが正常範囲を超えていた(動脈硬化があるということ)。何を思ったかその町にできた新しい健康スポーツクラブに加入した。ある日そのスポーツクラブで軽い運動後、気分不良となり、トイレにはいった。そのままでてこなかったので、施設側であけたところ意識不明で倒れていた。AEDで処置し、救急室にて蘇生をおこなったが回復せず、死亡した。死亡後の頭部CTには異常なかった。不整脈による急性心不全と診断された。

この方は日頃病院へかよい、ドックも受け、長生きしたかったのでしょう。運動がいちばんよいと聞いてスポーツクラブにはいった。その直後の心臓発作だったのでしょうが、救う道はなかったのでしょうか?無症状でドックでもひっかかっておらず、ホルター心電図などのもっと精密な検査は受けるチャンスはなかったでしょう。開業医での薬も適切ですし、CAVIが高かったので、EPAをのませてあげる可能性はあったでしょう。まだ普及していないと思いますが、この魚の脂はものすごくききます。想像するに10年前からEPAを飲んでいれば、こんな目に遭わずにすんだものと思います。ドック受診時から飲んでいてもその日の発作はなかったと思います。それほどEPAの効果はすぐれたものと思っています。

きょうは文献の抄読ではありませんが、医学研究の論文はみな人の命を、あらゆる次元で助けるのが目的ですから、重要な経験と思いここに記しておきます。EPAはもっと普及してよい薬でしょう。文献も多数あります。

前頭側頭痴呆2008/08/18 17:11:53

仕事を変わったとき、痴呆疾患についても専門診療を行おうと思い、アルツハイマー病について学習するのはもちろんのこと話題の前頭側頭痴呆についても学習し、実例を発見したいと思った。
1) Clinical Neuroscience 2005年3月号
の特集は有用であった。さらに購読をはじめたLancet Neurology誌のreviewも目をとおした。
2)Neary D, Snowden J, Mann D : Frontotemporal dementia, Lancet Neurol 4:771-780, 2005
ところが驚いたのは、偶然主治医になったALS患者30人近くの人をみているうち、その疾患にFTDが非常に関係があり、ほとんど同じ病気であることを知った時(本当か?)で、そのCTをとってみたら多くが、前頭側頭葉の萎縮が著明であることであった。そして、最新のreviewを読んでみた。
3)Kumar-Singh S, Van Broeckhoven C : Frontotemporal lobar degeneration: current concepts in the light of recent advances. Brain Pathol 17:104-113, 2007
4)Tolnay M, Frank S : Pathology and genetics of frontotemporal lobar degeneration : an update. Clin Neuropathol 26:143-156, 2007
5)Josephs KA : Frontotemporal dementia and related disorders: deciphering the enigma. Ann Neurol 64:4-14, 2008
6)Bigio EH : Update on recent molecular and genetic advances in frontotemporal lobar degeneration. J Neuropathol Exp Neurol 67:635-648, 2008
7) Acta Neuropathologica 2007年7月号 frontotemporal dementia特集
8)Acta Neuropathologica 2008年8月号 TDP-43特集

臨床例の病理診断がきわめて重要であることがわかる。ALSの方がなくなっても、剖検もしていなかったが、これはした方がいいと思い直した。自験例は多数あり。しないと何もわからない。
Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009