脳MRによる無症候性病変2007/11/08 08:25:54

NEJM ,Volume 357:1821-1828 (November 1, 2007 ) Number 18

Incidental Findings on Brain MRI in the General Population
Meike W. Vernooij, M.D., M. Arfan Ikram, M.D., Hervé L. Tanghe, M.D., Arnaud J.P.E. Vincent, M.D., Albert Hofman, M.D., Gabriel P. Krestin, M.D., Wiro J. Niessen, Ph.D., Monique M.B. Breteler, M.D., and Aad van der Lugt, M.D.

2000例のロッテルダム研究の住民に脳MRをしたら、無症候性脳梗塞145(7.2%), 脳動脈瘤1.8%, 脳良性腫瘍1.6%に認め、白質病変の容積をml単位で計測したというわかりやすい内容です。T2* gradient echoもとっているようですが、補足データのなかに出血病変についてはかいていません。英国人には少ないのでしょうか?だれもが日常みているはずの白質病変の量ってこんな表になるものなのでしょうかね。この種の検討はpopulationの選択の仕方で大きく値が異るはずです。脳ドックはやりの日本に客観的なこういった検討がない(少ない)のは残念です。

Minocycline in ALS2007/11/20 17:31:51

Lancet Neurology 2007; 6:1045-1053


Efficacy of minocycline in patients with amyotrophic lateral sclerosis: a phase III randomised trial

Paul H Gordon MD a , Dan H Moore PhD d, Robert G Miller MD c, Julaine M Florence DPT g, Joseph L Verheijde PhD e, Carolyn Doorish BA a, Joan F Hilton ScD f, G Mark Spitalny MA c, Robert B MacArthur PhD b, Hiroshi Mitsumoto MD a, Hans E Neville MD h, Kevin Boylan MD i, Tahseen Mozaffar MD j, Jerry M Belsh MD k, John Ravits MD l, Richard S Bedlack MD m, Michael C Graves MD n, Leo F McCluskey MD o, Richard J Barohn MD p and Rup Tandan MD q, for the Western ALS Study Group

ミノマイシンは,脳梗塞には有効ですが、ALSには害になるそうです。長期に抗生物質のませたらどうなるかは、やる前からわかりそうなものですが。論文の主旨ははっきりしています。minocycline, phase3, 無効どころか有害だそうです。

ちなみに来年にそなえて、Lancet Neurologyを購読開始しました。21世紀以降、学習したテーマでも結構重要な論文を知っていますので、まずそれをdownいたしました。
Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009