Minocycline treatment in acute stroke2007/10/06 13:21:30

Minocycline treatment in acute stroke
An open-label, evaluator-blinded study
Y. Lampl, MD, M. Boaz, PhD, R. Gilad, MD, M. Lorberboym, MD, R. Dabby, MD, A. Rapoport, MD, M. Anca-Hershkowitz, MD and M. Sadeh, MD
Neurology 69:1404-1410,2007

ミノマイシン200mg/dayを脳梗塞急性期に経口で5日間投与するとNIH stroke scaleとBarthel indexが改善するとのこと。double blindでないが、77例の検討です。この薬いろいろおもしろい効果があります。

he proposed mechanisms of minocycline include its anti-inflammatory effect, reduction of microglial activation,matrix metalloproteinase reduction, nitric oxide production, and inhibition of apoptotic cell death. A protective effect of minocycline has been demonstrated in spinal cord culture against N-methyl-d-aspartate excitotoxicity. Additionally, minocycline has a significant effect on the apoptotic cell death pathway, including prevention of activated caspase formation. In neonatal stroke, minocycline treatment was found to provide early, but transient protection independent of the mitogen-activated protein kinase p38 pathway.

ALSなど変性疾患にも関係しますが、ミノマイシンを長くのますわけにはいきません。脳梗塞では、軽い炎症のある例に使ってみると有効かもしれません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amagasa.asablo.jp/blog/2007/10/06/1839394/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009