MGH case record Case 21,20072007/07/17 14:54:06

NEJM 357:164-173 July 12, 2007 Number 2

Case 21-2007 — A 58-Year-Old Woman with Headaches, Weakness, and Strokelike Episodes
David M. Greer, M.D., M.A., Enrico Cagliero, M.D., Eric L. Krakauer, M.D., Ph.D., R. Gilberto Gonzalez, M.D., Ph.D., and E. Tessa Hedley-Whyte, M.D.

頭痛、筋力低下、脳卒中様症状を呈する58歳の女性

58歳の女性が、倦怠感および右半身の筋力低下が最近強くなり、頭痛と読字困難を伴うため入院した。過去3年間にも同様のエピソードが生じていたが、その頻度が増し、右半身の筋力低下の残存も認められた。女性には30年来の1型糖尿病歴があり、網膜症、胃不全麻痺を伴う神経障害、腎症、心血管疾患を合併していた。胃不全麻痺の症状は進行し、患者はさらなる治療を拒否して死亡した。剖検が行われた。
剖検は脳だけ。

病理診断は、脳生検までしているが、severe microangiopathy characteristic of diabetic vasculopathy, with multiple cerebral infarct. まあただのlacunar infarction。症状には、DMが大きく関与しているよう。MELASを疑っていろいろしらべているが、結局脳梗塞。鑑別には、進行性白質病変あり、まりりんも入っていた。病気はここまで調べないといけないということ。せめて全身解剖してほしい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amagasa.asablo.jp/blog/2007/07/17/1660504/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009