Olfactory Neuroblastoma2007/06/30 14:30:59

Case 20-2007 — An 11-Year-Old Boy with a Calcified Mass in the Nose
NEJM Volume 356, Number 26:2721-2730, June 28, 2007
Michael J. Cunningham, M.D., Derrick T. Lin, M.D., William T. Curry, Jr., M.D., David H. Ebb, M.D., Torunn I. Yock, M.D., M.C.H., Hugh D. Curtin, M.D., and William C. Faquin, M.D., Ph.D.

鼻に石灰化腫瘤を有する男児
11歳の男児が、篩骨洞および鼻の石灰化腫瘤のため受診した。男児には5年間にわたる鼻閉と頭痛の病歴があり、受診の2か月前には、身体診察で右鼻孔に腫瘤が認められ、画像検査により、篩骨洞に生じていると考えられる石灰化腫瘤が明かとなった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amagasa.asablo.jp/blog/2007/06/30/1616044/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009