Carbon monoxide intoxication2007/06/14 07:28:14

医者としてはあらゆる疾患にいつでも対応できるようにしておかないといけないが、CO中毒に対する知識はなかったので、機会があったので学習した。

New Eng J Med 339:1603-1608,1998 Ernst A et al. Carbon monoxide poisoning

New Eng J Med 347:1057-1067,2002 Weaver LK et al. Hyperbaric oxygen for acute carbon monoide poisoning

重症例では、選択の余地はないが、症状の軽い例で、高圧酸素療法をするか、しないかが問題のようです。delayed toxicityの発生をどれほどおさえられるかのようです。明確な答えとevidenceはないようですが、とりあえずやっておいた方がよいのでしょうか。

emergencyでまとめて発生した場合には、高圧酸素療法をできる施設が限られているでしょうから、どこまでやるか、一瞬の決断でしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amagasa.asablo.jp/blog/2007/06/14/1579033/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009