Stroke—prevention is better than cure2007/01/29 21:28:20

Stroke—prevention is better than cure( Editorial)
The Lancet, Volume 369, Number 9558, 27 January 2007, 247

地球上には650億人の人が住み、そのうち1%の人が毎年死んでゆく。おそらく驚くべきことに、1つのdisease―stroke―はこれらの10%を殺して、何百万もの人をdisabledにする。だから5900万人が2007年に脳卒中で死ぬだろう。International Stroke Conference(サンフランシスコ)にあわせて、LancetとLancel Neurologyが特集を組んだ。この5700万人の地球上の脳卒中で1年間に死ぬひとの87%はまともな脳卒中治療を受けられない。

There is little doubt that for stroke, prevention really is better than cure.

外科治療で予防される脳卒中は、このグローバルな見方からすれば、無視してもいいくらいのものでしょう。これはこの特集の前書きにすぎません。今週とどいたLancetは1つ前の号でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amagasa.asablo.jp/blog/2007/01/29/1148850/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009