Ancrod2006/12/08 07:33:50

Neurobiological Technologies社が開発しているマムシ毒由来の脱フイブリノゲン(defibrinogenating)薬・Viprinex(Ancrod)は、急性虚血性脳卒中後3時間以内に投与すると良好な結果が得られることが確認されています---- The Lancet 2006; 368:1871-1878 Intravenous ancrod for acute ischaemic stroke in the European Stroke Treatment with Ancrod Trial: a randomised controlled trial Michael G Hennerici MD, et al. 3時間を6時間以内にかえると、有効ではなかったというnegative study。 3時間以内有効のstudyは Sherman DG, Atkinson RP, Chippendale T, et al. Intravenous ancrod for treatment of acute ischemic stroke: the STAT study: a randomised controlled trial. Stroke Treatment with Ancrod Trial. JAMA 2000; 283: 2395-2403

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amagasa.asablo.jp/blog/2006/12/08/988058/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009