脳動脈瘤2006/09/07 07:36:37

Cerebral Aneurysms Jonathan L. Brisman, M.D., Joon K. Song, M.D., and David W. Newell, M.D. Volume 355:928-939 August 31, 2006 Number 9

脳動脈瘤に関する最新の常識というべき記載です。批判するよりかみしめて読まないといけません。未破裂があったら、様子をみるか、手術するか、血管内にするか---重要なのは、 Intracranial aneurysms that are incidentally discovered need not be treated in certain patients. ということです。

すこし前にSAHのreviewもでていて(354:387,2006)、一応これを世界の常識と考えた方がよいでしょう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://amagasa.asablo.jp/blog/2006/09/07/514599/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Hit Counter by Digits Web Counter since August 17,2009